ザーコリカプセルを服用される方へ

大切なお知らせ

肺がんとROS1融合遺伝子とALK融合遺伝子

ザーコリによる治療の
対象となる
ROS1融合遺伝子
陽性非小細胞肺がん、
ALK融合遺伝子
陽性非小細胞肺がん」
についてまとめました。


ザーコリの服用について

ザーコリ服用中の
注意点です。



副作用について

副作用について正しく
理解することが早期発見に
つながります。これらの
症状があらわれた場合は
必ず担当医に
報告してください。


よくある質問

服用にあたって
よくいただくご質問を
ご覧いただけます。


ダウンロード

小冊子や治療日記を
ダウンロード
いただけます。



監修:国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院 副院長 呼吸器内科長 大江 裕一郎 先生

ザーコリの治療に関しては、必ず担当医の指示に従っていただくことが大切です。
ザーコリについて疑問を持たれた場合や治療等に関しては、担当医に必ず相談してください。

2013年3月1日よりプライバシーポリシーを改訂いたします。情報の取得方法および取得した情報の利用目的が追加されています。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。

ページの先頭へ戻る